« 2014年01月 | メイン

2014年02月 アーカイブ

2014年02月05日

「月刊杜の伝言板ゆるる」創刊200号記念イベントに参加しました。

2月1日、みやぎNPOプラザで「月刊杜の伝言板ゆるる」創刊200号記念イベントが開催されました。

東日本大震災の支援活動に取組むNPOや被災された人たちの体験を記録した『わたしたちの震災物語』の著者井上きみどりさんの基調講演「わたしが震災まんがを描いたわけ」と、パネルトーク『市民メディアとしてのこだわり』に参加してきました。

仙台在住のノンフェクション漫画家・コラムニストの井上きみどりさん。きみどりさんの著書『わたしたちの震災物語~再生・ハートワーカーズ』と『ふくしまノート』は、震災や原発事故により苦悩する大人の姿や、不安や苦しさの中で希望を見出そうとする人たちの様子が描かれています。
これらを描くにいたった経緯や心の葛藤など、伝えること、伝える続けることへの想いなどをお聞きしてきました。

パネルトーク『市民メディアとしてのこだわり』は、マスメディアである新聞、市民主体のラジオと地域情報紙を運営している方から、それぞれの媒体を通じて、市民に「伝える」あり方とさの課題をお聞きしてきました。

市民メディアといえば、多くの市民活動団体やNPOにとって、ホームページやメールマガジンでの情報発信は、ステークホルダーとのコミュニケーションに今や欠かせない存在になっています
そして、今はインターネットの普及により、Facebook、TwitterなどのSNSなど、さまざまな方法で情報発信する機会が増えてきています。

お話を聞きながら、そう言えば「山形の市民メディア」の現状を知らないなぁ~と考えていました。
現場の問題を解決することももちろん重要ですが、社会問題にまつわる事実や提言を伝え、市民の意識を変えていくことも、NPOが担う役割です。
情報発信はNPOにとって大事なスキルといわれていますが、現場の支援で忙しいNPOも多いので、情報発信面のサポートも考えていきたいなと思いました。

About 2014年02月

2014年02月にブログ「アミル日記」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2014年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type