« 【開催御礼】「NPO×企業 ~なぜ、今後連携が必要となるのか~」 | メイン | 指定管理者の管理運営に対する中間評価結果と「NPO支援センター実態調査」 »

地域活動リーダーを社会に伝える、学生記者プロジェクト インターン 山田真澄さんを紹介します。

アミルの双葉町事務所にインターンシップ生として来ている山形大学1年の山田真澄さん。
山田さんは「学生記者」として、地域で活躍するリーダーを取材し紹介するという事業を行います。そんな山田さんをインタビュー形式で石山がご紹介します。

石 山:
なぜNPOでインターンをしようと思ったのですか?

山 田:
きっかけは、大学の先輩が企画した「夏休みをよりよいものにする」というテーマの講座に参加したことです。そのなかでインターンシップを受けた先輩の紹介があり、刺激を受けました。自分は将来こんな仕事をしたい、という明確な目標がなかったのでこれからの自分の進路を見つめなおすきっかけとしてインターンシップに参加する決意をしました。

石 山:
この機会にどんな経験を積みたいと思っていますか?

山 田:
自分のプロジェクトは山形で働く地域リーダーの方たちに取材をして記事にまとめるというものです。そのプロジェクトを通して山形のそれぞれの地域に対する知識や社会人の方たちとのコミュニケーションなどを学んでいきたいと思っています。さらに山形の地域リーダーの姿に触れて、なぜ山形で働くのかというテーマを自分の中で見つけて、今後に生かしてきたいと思っています。

石 山:
山田さんの「強み」「弱み」ってどう考えていますか?
山 田:
自分の強みは何事にも諦めず粘り強く取り組めることだと思っています。自分の弱みとしては何かをやろうとしてもいろんなネガティブなことを考えて実行しない消極的なところだと思います。インターンを通して経験を積んで、積極的に行動できるようにしたいと思っています。

山田さんが、地域の中で生き生きと活動している方々の話を聞くことで、自分にこれまでなかった新しい視点や考えを身につけることができると思います。様々な考え方や価値観に対して柔軟な姿勢を持てることはこれから社会と関わる上での「強み」にもなります。
そして取材を通して出会う人、その人たちの「考え方」に触れることは、山田さんの大きな財産になるのではと期待しています。
山田さんが訪ねて行きましたら、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年09月02日 10:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【開催御礼】「NPO×企業 ~なぜ、今後連携が必要となるのか~」」です。

次の投稿は「指定管理者の管理運営に対する中間評価結果と「NPO支援センター実態調査」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type