« 2013年02月 | メイン | 2013年04月 »

2013年03月 アーカイブ

2013年03月25日

事業指定寄付プログラム「あづめっちゃ」☆

一般財団法人 地域創造基金みやぎさんより
「事業指定寄付プログラム あづめっちゃ」
のご案内を頂きました☆

このプログラムはさなぶりファンドと参加団体が、
一緒に寄付を集める資金調達サポートプログラムです。
寄付受付け期間は2013年3月1日~2013年5月31日です。

支援をしたいというキモチと課題をつなぐ
新しい形のプログラムです。

詳細はHPか、
チラシ(PDF)をご覧ください!


2013年03月21日

ソーシャルビジネス推進セミナーが開催されました!

3月19日(火)、山形県JAビルにて
山形ソーシャルビジネス推進会議主催のセミナー
「東北におけるソーシャルビジネスの可能性」が開催されました。

講師はCausebrand Lab.代表の野村 尚克さんと
今回が初来県!株式会社創庵の佐々木 博さんです。

山形県ソーシャルビジネス推進会議会長の平尾 清先生のお声掛けで
直前のアナウンスにも関わらず40名ほどの方が参加されました。

野村さんからは、「ソーシャルビジネスの最前線」として、
MOTHER HOUSEやHASUNA、People Tree、
そしてTABLE FOR TWOの取り組み、
そして数多くの企業が関わるプロジェクト等が紹介されました。
中でも「NPOの企業化、企業のNPO化」という言葉が印象的でした。

また、佐々木さんからは「ソーシャルメディアとコミュニティの未来」という題で
ソーシャルメディアとのより効果的な付き合い方についてお話頂きました。
「オープン、フラット、シェア」の3原則について、
佐々木さんの体験から語られる言葉は
深く心に響くものがありました。

参加者の中には企業、団体に関わる方、
そして学生さんも多くいらっしゃいましたので、
皆さんの今後の活動のヒントになったのではないでしょうか。

野村さん、佐々木さん、平尾先生
そして参加された皆さま、
短いながらも白熱した時間をありがとうございました。

アミルでは山形県ソーシャルビジネス推進会議の事務局として、
今後もこのような勉強会や意見交換会を続けていきたいと考えています。
一緒に新しい可能性について考えていきましょう!

2013年03月18日

なみえ3.11復興のつどい

3月16日二本松市安達文化ホール・公民館にて『なみえ3.11復興のつどい』が開催されました。


ふるさと浪江町を感じるイベントとして、県内・県外から沢山の浪江町民の方が集まりました。



なみえ復興塾の発表会や、吉増剛造氏による復興を祈る作品の発表、ナイツコンサート、浪江町仮設・借り上げ住宅自治会活動の発表、浪江町伝統芸能発表などが行われました。
安達公民館では、仮設・借り上げ自治会の皆さんの作品展示や、記憶の模型型の展示がされており、「うちの家あった」「懐かしいな~」と話されていました。

私たち山形駐在 浪江町復興支援員も当日参加し、昼食のふるさと浪江町の家庭料理の準備・配膳手伝いをさせて頂きました!なみえのかあちゃんは元気ですよ!そんなかあちゃん達の元気は、
料理にも伝わってきました!(^^)!

皆さん「元気だったかい」「いや~久しぶり」と再会を喜び、懐かしい顔ぶれに笑顔でいっぱいの一日になりました。


2013年03月15日

3月19日山形SB推進会議セミナーが開催されます!

山形ソーシャルビジネス推進会議主催のイベントについてご案内です。
若い方たちや、地域をビジネスで活性化を考えている方たちには
ヒントになる事例もたくさんご紹介があると思います。
この機会に、ぜひご参加ください!
------------------------------------------------------------------------
■ 開催日: 平成25年3月19日(火)17:30~19:30

■ 場 所: JAやまがたビル C会議室
    http://www.y-jabusiness.com/sisetsu/index.html

■ 講 師: 野村 尚克 氏 (Causebrand Lab. 代表)
     http://www.causebrand-lab.net/profile-1/
      佐々木 博 氏 (株式会社創庵代表取締役)
      http://www.soan.jp/
  平尾 清 氏 (東北芸術工科大学非常勤講師)
    http://blogs.itmedia.co.jp/goodhope/bprofile.html

■ テーマ: 1.ソーシャルビジネスの最前線 (野村氏)
       ~企業、NPO、行政の新しい協業変革~
  2.ソーシャルメディアとコミュニティの未来 (佐々木氏)
       ~これから起きる、更なる変化~
  3.ソーシャルxローカルの可能性について(野村氏、佐々木氏、平尾氏)

■ 参加費: 無料

■ お問合せ・お申込み先:(特活)山形の公益活動を応援する会・アミル
TEL 023-674-0606 / FAX 023-674-0808
E-mail mail@amill.org
★チラシ・申込用紙(PDF)はコチラから★

2013年03月12日

平成25年3月11日 追悼式

山形県では、米沢市・山形市にて東日本大震災追悼式が行われました。

米沢市では置賜総合文化センターにて、東京の国立劇場で行われた「東日本大震災二周年追悼式」とコラボレーションで行われました。

14時46分。全員で黙とうし震災犠牲者のご冥福を祈りました。

山形市では文翔館議場ホールにて、追悼式が行われました。
キャンドルナイト「復興への祈り」や、山形県知事の挨拶を始め、復興祈念室内楽の夕べ(クラリネット演奏会)が行われ、震災犠牲者のご冥福を祈りました。



挨拶では、避難者の挨拶として山形県で現在浪江町復興支援員を務めている佐藤が挨拶し、現在の生活やふるさと浪江町の話、山形県の支援体制に感謝を込め、挨拶をさせて頂きました。


2013年03月10日

絆市

山形市七日町、ほっとなる場にて絆市が開催されました。天候は雨と悪天候だったのですが、沢山の方が来場されていました。

福島のきびたんも大人気でした(^^)/隣に居るのは山形のペロリンです♪

当日は被災地の物産や応援グッズ、ご当地グルメの販売などが行われ、東北の元気を貰った一日となりました。

2013年03月08日

【復興支援『石巻へのスタディツアー:3/16便】のご案内

石巻の商店街と東北の学生主体復興プロジェクト『S.T.A.R.T』さんから
【被災地から学び未来へ繋ぐ旅「石巻STUDY TOUR」】のご案内が届きました。

-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆ 復興支援『石巻へのスタディツアー:3/16便 ☆☆

山形の大学生達(山形大学と東北芸術工科大学)が企画した、
復興支援のスタディーツアーです。

石巻の現場から色々な事を学び、
未来を考えるための学習ツアーとなっています。
特に参加の条件は無く、
誰でも気軽に参加できるツアーでもあります。

今回は、特に行政や会社にお勤めの方や
NPO関係者の方にお勧めの内容です。
もちろん学生にとっても、社会人と共に被災地を学習し考える
良い機会になると思います。

震災から2年が経った現地を訪れる良い機会でもあります。
是非、ご参加ください!

【お申込み方法】

お申込みはFacebookとwebの2つのページ用意されています。
どちらも内容が同じものですので、
どちらかに申込いただければ大丈夫です。

■Facebook版申込ページ
https://www.facebook.com/events/543406452358074/

■web版申込ページ
http://kokucheese.com/event/index/78995/

-------------------------------------------------------------------------------------

2013年03月05日

メール送受信の通信障害の復旧について

日頃から、アミルの活動にご理解とご協力をいただきまして
誠にありがとうございます。

さて、2月25日昼頃から、サーバーの通信障害のため、
メールが使えない状況が発生しておりましたが、
山形市市民活動支援センターに引き続き、
アミル清住事務所でも3月5日より全面復旧しています。

関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人
山形の公益活動を応援する会・アミル

2013年03月04日

ひな祭り

3月2日南陽市赤湯「スナック エルベ」にてひな祭り会を開催しました。当日の天候は悪天候だったのですが、20名の方が集まって下さいました。


お母さん達が作ったちらし寿司や、皆さんで持ち寄った料理を食べながら、現在の冬の暮らしや、浪江町での生活の話など、笑い合いながら話に花を咲かせました。
今度は女子会をしよう!と話が上がったりしました(*^_^*)
次回はお花見の時期に交流会を開催予定しています!

2013年03月01日

川北秀人氏による「2030年の山形のために」セミナーを開催しました!

2月27日(水)、山形市男女共同参画センターファーラにて
山形県NPO人材育成事業のセミナー
「2030年の山形のために社会的責任と協働をどう加速するか?」
を開催いたしました。

講師は、NPOや企業のマネジメント、
環境・社会コミュニケーションの推進を支援している
IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表の川北秀人さんです。

「地域で信頼される企業であり続けるために
 ‐地域・中小企業が本気でCSRしなきゃいけない10の理由‐」
と題された基調講演の後に、
ワーク「世界一簡単なCSRレポート作成」を行いました。

全ての組織にとって「社会に対するすべての責任」が必須であり、
今後事業継続を進める上でも欠くことができない、
その仕組みについてより深く学ぶことが出来たのではないでしょうか。

講師の川北さま、参加された皆さま、
ありがとうございました!

About 2013年03月

2013年03月にブログ「アミル日記」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2013年02月です。

次のアーカイブは2013年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type