« 2012年04月 | メイン | 2012年09月 »

2012年08月 アーカイブ

2012年08月31日

訪問~長井市~

%E9%95%B7%E4%BA%95%E5%B8%82.jpg

今日は長井市に訪問してきました。
8件中3件の町民の方にお会いすることができました。
貴重なご意見を頂き、私達も同じ町民としてまだまだすべきことがあることを感じました。
この活動を開始して一ヶ月。皆さんのご意見を少しでも多く反映出来るよう、そして皆さんと一緒に前へ進めるよう、活動していきたいと思っています。


☆今日は長井市の道路を走っていると、、懐かしい看板の文字が!
 “サンプラザ”♪店は全然違いますが、地元密着のショッピングのお店で、そこはサンプラザと一緒です。言葉を見るだけで嬉しくなってしまいました。

2012年08月24日

訪問開始!

%E7%94%BB%E5%83%8F%204.JPG
今日は舟形町、尾花沢市、村山市、東根市の避難されてる方のお家へお伺いさせて頂きました。5件中2件の方とお会いすることができ、元気な姿を見て安心しました。
これから少しずつですが、山形県に避難されている皆さんのお家に訪問させて頂き、元気な姿や、お話など出来たらいいなと思ってます。
今日の写真はむらやま徳内まつりの写真です☆

2012年08月23日

広域避難支援者ミーティングin山形

%E7%94%BB%E5%83%8F%201.JPG

今日は広域避難者支援ミーティングに参加してきました☆
これからの浪江町復興支援活動に役立つことが沢山聞けました。

2012年08月17日

みなさんよろしく!!

20120817%20nakama.jpg

みなさんこんにちは! 私たちは8月より活動を開始した浪江町復興支援員です。
現在、山形県内に避難している3人が町の呼びかけに応募。
山形市清住町にあるNPOアミルの事務所を拠点に活動を始めました。

これから、浪江町のコミュニティを維持して、町民がつながっていけるように
いろいろな企画を考えて活動していきます。

どうか応援して下さいネ!(*^^)v

左から畠山、佐藤、天野の三人です。

2012年08月15日

東北公益文科大学からのお知らせです!

東北公益文科大学から社会起業家容易性講座プレ講座のご案内です。

毎年開催されている、中身の濃い講座。ぜひご参加を!!

%E5%85%AC%E7%9B%8A%E6%96%87%E7%A7%91%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E8%B5%B7%E6%A5%AD_%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8_1.jpg
%E5%85%AC%E7%9B%8A%E6%96%87%E7%A7%91%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E8%B5%B7%E6%A5%AD_%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8_2.jpg

2012年08月10日

郡山で浪江町復興支援員が研修会

kenshuu0809.JPG

kenshuu0809.JPG

8月から本格化した浪江町の「復興支援員」の活動。
この活動は、浪江町が山形県と千葉県にそれぞれ3名の復興支援員を
配置して、帰町が困難な浪江町民の心をつなぐ支援を行っていくものです。

山形県ではアミル、千葉県ではNPOちば市民活動・市民事業サポートクラブが
復興支援員のみなさんの活動をサポートします。

昨日8月9日は郡山市でこの両県の支援員6名+サポート側の2つのNPO
そして、浪江町生活支援課の皆さんが一堂に会して、統括アドバイザーの
高崎経済大学櫻井常矢准教授、事業をコーディネートしている(公財)
東北活性化研究センターのおふたりとともにワークショップ形式で
最初の研修を行いました。

今後、両県では、それぞれの復興支援員のみんさんのアイデアをもとに
コミュニティ維持への町民の皆さんへの支援を継続的に行います。

みんさんも応援してくださいネ。

2012年08月07日

「身近なところから変革を~政策提言セミナー~」開催!

各分野で活動中のみなさんと一歩進んだ政策提言を学ぶセミナーです。

昨年度に引き続き、社会貢献基金運営委員でもある遠藤智栄さんに
講師をお願いし、より具体的な提言プロセスをご紹介します。
申込方法やお問合せ先はチラシ(PDF)をご覧ください↓
ファイルをダウンロード

ご参加お待ちしております♪

About 2012年08月

2012年08月にブログ「アミル日記」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年04月です。

次のアーカイブは2012年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type