« 2011年04月 | メイン | 2011年06月 »

2011年05月 アーカイブ

2011年05月31日

NPO入門講座が開催されました

去る5月30日にNPO入門講座が開催されました。
当日は朝から雨が降りしきるあいにくの天気となりましたが、多くの方々に参加していただきました。ありがとうございました。

DSC_0086.JPG

NPO法人の立ち上げをお考えの方に限らず、ボランティアやNPOに関心のある方も含めた一般の方までを対象にNPOの基本講座を企画いたしました。潜在的にこの講座の対象となるNPO予備軍と想定される方は多く、一般の法人とは違うNPO法人を基礎から知る講座のニーズは高いと判断しておりました。多くの方に参加頂き主催者として確信を持つことができました。


基調講演としてNPO法人のびのびの会「ワーク・ボケット」理事長 藤井倶子氏により「社会問題に楽しく・生き生きと取り組む」と題して講話を頂きました。

pic1105303.jpg

藤井氏は障害者自立支援施設を事業されております。講話のなかでは氏のこの事業を起こすことになった動機をお話されておりました。お話される言葉は氏の体験からお話でしたので、一つ一つの言葉が大変強く心に残るものでした。参加者の中には、自身が持つ思いと藤井氏がお話になられた思いに共通するところを感じられ、これからに自信を持つ方もいらっしゃったようです。


講義として(特活)山形の公益活動を応援する会アミル シニア・アドバイザーの小島龍雄より「NPOに関する基礎知識、NPO法人の設立ポイント」と題して講義が行われました。

pic05306.jpg

主にNPOに関する基礎的な講義に加え、実際に活動されているNPO法人の事例紹介がされました。講師本人も今回が初めての講師デビューという事もあり緊張から声が上ずる場面もがざいましたが、アドバイザーとして講師のスキルも磨いていきたいと思っております。


講座の参加者より頂いたアンケートを抜粋してご紹介致します。

・藤井氏の熱い思いと一方で冷静に活動されているのが伝わり素晴らしいと思いました
・NPOの基本な事から説明して下さりとても参考になりました
・藤井先生の前向きな活力のある姿勢が心に伝わりました。素晴らしい方にお会いできて満足です。

今回開催しましたNPO入門講座は本年度は数回開催する予定でおります。
次回は山形市を予定しております。

2011年05月27日

おもちゃを被災地の子供たちへ

このブログでもお伝えしてました文部科学省関連でバンダイからのおもちゃ・本などの支援物資のご報告です。

山形市の清野氏がおもちゃを南三陸町の子供たちに届けて下さいました。
南三陸町ご出身の清野氏は、五月の連休を利用して震災後初めて帰省される際に被災者へ何かしてげたいという思いから、アミルへ問い合わせがあり、今回のおもちゃの届けを受けて下さいました。

以下の写真がそのおもちゃを受け取った子供たちの様子です。

震災による瓦礫で遊び場を失い、何も楽しみもない被災地の子供たちへおもちゃを手渡したところとても喜んでくれたそうてす。やはり子供は笑顔が一番、その笑顔を見た親御さん、特におじいちゃん、おばあちゃんがとても喜んでいる姿が印象に残ったそうです。

SCN_0005.jpg

SCN_0006.jpg

SCN_0007.jpg

SCN_0008.jpg

2011年05月19日

ドキュメンタリー映画「月あかりの下で」が公開されます

天童市のNPO「しん」のあじき氏が上映委員長をされているドキュメンタリー映画「月あかりの下で」が5月20日のフォーラム山形での上映をかわきりに、山形と天童で上映されます。
小生、以前にもこのブログで紹介した「天童市西沼田遺跡公園」で、特別に当作品のダイジェスト版を鑑賞する機会にあずかり、”映画は娯楽であり、話題作、大作に限る”と信じてきっていた私に、”真実の持つ感動”を当作品は教えてくれました。
そこには、フィクションではなく真実としてのエピソードがあります。
格差社会とひと括りにすることは難しく、単純に貧困と同義語で捉えることに違和感を感じておりました。
その格差社会の原因の一つとして教育の格差があり、現実として様々な理由から格差が広がってきております。
そのような貴重な教育を受ける機会を失い、心に傷を負った子供たちを、真摯うけとめる温かい心がこの作品の定時制高校にはありました。
ダイジェストでの鑑賞でしたが、その作品の持つ訴える力には圧倒されるものがあります。本篇を映画館で鑑賞したいと思っております。是非、皆様もご鑑賞されることをお勧め致します。


N0028655_l.jpg


【上映会詳細】

●山形市  日時:5月20日(金)、21(土)、22(日)の三日間 午前10時/午後7時 1日2回上映
       会場:フォーラム山形 TEL023-632-3220 ※駐車上有り(4時間まで無料)

20日19時の回は、大田直子監督と平野和弘先生の舞台挨拶があります。この回に参加される方は、山形上映協力券が必要となりますので、事前にお求めくださいますようお願いいたします。なお、この回のみ当日券はありません。

*山形上映協力券発売中 1,000円 (5/20夜の舞台挨拶付き上映のみ上映協力券を限定でフォーラム山形窓口にて販売)

●天童市  日時:5月21日(土) 午後2時~ 映画上映と平野先生を囲んでのトーク
       会場:天童駅 パルテ3F多目的ホール TEL023-654-6200 ※駐車場有り(有料)


sample_02_wps.jpg



映画『月あかりの下で-ある定時制高校の記憶-』のオフィシャルサイトです

2011年05月13日

平成23年度新しい公共の場づくりのためのモデル事業の募集中です

去る平成23年5月11日に県庁9階で応募要項の説明会が開かれました。
応募要項については下記の通りです。

応 募 期 間 :  平成23年4月27日(水)~平成23年5月31日(火)まで
公開プレゼン : 平成23年6月中旬
テーション日時   ※応募状況に応じて、日程を変更する場合もあります。

補助金額: 1事業所ごとの上限額は1,000万円とし、
        下限額は概ね100万円とします。(補助率10分の10以内)


補助対象経費: 人件費、諸謝金、旅費、消耗品費、印刷製本費、使用料及ぶ会場借料、広告宣伝費、
           委託費、施設等の設備費、設備備品購入費、その他(その他知事が認める経費)


応募の締め切りが今月末となっておりますので、応募をお考えの方はお急ぎください。

なお、募集要項、応募方法等につきましては下記HPをご覧ください。
平成23年度新しい公共の場づくりのためのモデル事業の応募について

120090508121738.jpg

2011年05月12日

平成23年度もNPO支援アドバイザー事業を継続しております

(特活)山形の公益活動を応援する会・アミル NPO支援アドバイザーの稲毛です。

私もアドバイザーとして2年目を迎えました。
今年度も継続してNPO支援アドバイザー3名がおじゃまします。

村山地区担当NPO支援アドバイザー
 小島 龍雄 (リーダー)
 稲毛 まり子
 水戸 幸男
何かご相談等がございましたら、ご遠慮なくお声掛けくださいませ。
よろしくお願いします。(稲毛)

NPO%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B72010%E3%80%80%E5%8D%83.jpg

About 2011年05月

2011年05月にブログ「アミル日記」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2011年04月です。

次のアーカイブは2011年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type